インクルーシヴ・松山 ヒカリのアトリエ

Inclusive Japanの想い

すべての人がありのままで輝いている、
そんな未来を想い描いています。

インクルーシヴ・ジャパン 外観 美を感じ、イメージを膨らませ、手を動かして、想いを色や形に託すことは、人間にとって必要不可欠な行為であり、ありのままの自分を表出する、大切な手段の一つです。日々の暮らしの中で、自己表現の糸口を見出せない人は数多く、行き場のない思いや違った方向で表出された思いに傷ついている人も多く存在します。美術やデザインが、太古の昔から継続可能な未来を創造していくためにどれほど重要かは、脈々と繋がる文化にも裏打ちされています。
 
美術を通じ柔軟な発想力を養うことで、いつもの日常を魅力に満ち溢れたものに変えていけます。一人ひとり違った背景と個性を持つそれぞれの魅力を、ピンポイントで最大限に引き出していくことができれば、一人ひとりがそのままで光りはじめ、それが集まり、やがて大きな光になり、多くの人の心を動かします。表現することで自分を見つめ、また新しい自分に出会い、枠を広げて成長していく。自分の本質を知ることで自己肯定感が生まれ、自分の役割を知ることで他者と繋がっていくことができ、社会の中で生きていく力になります。

インクルーシヴ・ジャパン 館内 現代社会で暮らしていくなかで、障がいのある人も困難を感じている人も、生活に美術を組み込むことで新しい発見をし、自分の居場所と役割を作り、可能性を広げ、他者と繋がり、生きている喜びを実感できる、そんな循環の仕組みを作っていきたいと考えています。それぞれにのびのびと制作された本質を活かした力のある表現が、コミュニケーションツールとなり、デザイナーや企業と繋がり、新たに、魅力的な価値やプロダクトを提案・創造していくことに繋がります。
 
また、アーティストの発掘や誕生、展覧会の開催、作品の普及や保存、著作権保護等、見る人の心に響く作品を後世に残すことにも取り組んでいきます。
 
全ての人がありのままで輝いている、そんな未来を想い描いています。