インクルーシヴ・松山 ヒカリのアトリエ

ヒカリのアトリエブログ

2020年9月

Aさんの絵画と制作風景

2020.9.27 Sun. 23:43

Aさんの新作が次々と完成しています。

アクリル絵画を数多く制作されてきましたが、最近では他の画材も組み合わせ、幅を広げられています。

 

 

 

煙草のパッケージをモチーフにした作品です。水彩で描かれました。車の形を変えたり、乗っている人物をアレンジしたり、もともとのデザインに変化をつけて完成されました。

 

 

 

人物画の制作風景です。写真や画像を参考に、様々な角度や距離からモチーフを捉えて描かれています。

 

写真一番下の作品は、背景をアクリル絵具で、人物を木炭で描かれています。背

景のアクリルは表面がつるつるして、上から木炭がのらず苦労されたそうです。

試行錯誤される中で、定着液を吹きかけて乾かした後さらに下地を重ね、最後に

木炭で描く方法を編み出されました。他の画材では出ない黒の質感が素敵です。

 

制作を重ねられていくAさんの作品にこれからもご注目下さい。

 

 

※リンク

〇Aさんの作品(『Aさんの作品が完成しました』)をご紹介した過去記事はこちらから

TRACKBACKS : (0)CATEGORY : 作品紹介

Tさんの紙すきヒーローと怪獣たち

2020.9.16 Wed. 17:45

Tさんが、新作を次々と完成されています。時間や回数を重ねるごとに、複雑な形の立体にも挑戦され、試行錯誤されながら新しい作品を生み出されています。

 

                             根源破滅天使 ゾグ

 

写真撮影もされており、作品の写真をご自身で撮影して下さいました。

 

 

どの方向から見てもきれいに再現するために、前・後ろ・横から撮った写真を見ながら構想されます。

紙すきで作ったパーツを、ドライヤーで乾かしながら曲げたり、組み合わせ方を工夫して、イメージ通りの形にしていきます。

デコボコやカーブなど、大きな部分だけでなく、鋭く小さな歯やウロコなど、細かなところまで1つ1つ丁寧に再現されました。

 

 

 

コッソリと材料棚や飾り棚に置いていかれるミニチュア猫たちも増えています。

アトリエにお立ち寄りの際は、小さな小さな猫たちを探してみて下さいね。これからもTさんの作品をぜひお楽しみに。

 

 

※リンク

〇Tさんの作品をご紹介した過去記事(『遊び心あふれるTさんの紙すき作品』)はこちらから

TRACKBACKS : (0)CATEGORY : 作品紹介

Hさんの可愛い刺繍クッション

2020.9.11 Fri. 15:40

Hさんは、他の利用者さんの描いた絵画を刺繍にして下さっています。

 

 

原画を確かめながら糸の色を丁寧に選び、布に写した線をひと針ひと針、仕上げ

ていかれます。部分ごとに刺繍の種類や縫い方を変えて工夫されました。

 

 

刺繍が完成した後は、布をまるく切り抜いて縫い合わせ、クッションにします。

 

 

可愛いクッションが続々と完成しています。

 

 

以前にご紹介したハートや丸のクッション飾りと同じように、紐も素敵に仕上げ

て下さいました。刺繍にあわせて選んだ色の糸を、細かな三つ編みにして1本に

されています。作品には、さりげないアイデアがいっぱい詰まっています。

 

いろいろな柄やサイズ、色のクッション飾りが次々に完成しています。1つ1つ

同じものはなく、縫い目や作品の表情も違う、世界にひとつの一点ものです。

 

Hさんの作られる楽しく可愛らしい作品に、これからもぜひご注目下さい。

 

※リンク

〇Hさんの作品をご紹介した過去記事(Hさんのバッグと刺繍クッション)はこちらから

TRACKBACKS : (0)CATEGORY : 作品紹介

Sさんの新作絵画

2020.9.4 Fri. 10:17

Sさんの新作が次々に完成しています。

 

 

これまでは、モノトーンの作品が中心でしたが、最近では明るい色彩が印象的な

絵画も数多く制作されています。作品を見た方からの感想をきっかけに、モノト

ーンだけでなく、色彩の鮮やかな作品にも挑戦されるようになったそうです。

 

去年の冬に初めて挑戦されたドリッピングも、回数を重ねて、沢山の絵画の背景

に描かれました。絵の具が飛び散ったり流れたり、自由な動きが絵画のアクセン

トになっていて素敵です。どの作品も、丁寧にひと筆ひと筆、時間をかけて細や

かに仕上げられています。

 

 

カラフルな作品を制作される時は、どの色彩にしようか選ぶのにとても迷うそう

です。色を塗る作業が苦手で、何度も試し塗りをして合う色を選ばれています。

写真の絵画も、スポンジに含ませた絵具を何度も重ねて仕上げていかれました。

 

作品は、ヒカリのアトリエに飾っています。展示は随時入れ替えもしております

ので、お立ち寄りの際は、ぜひ絵画を間近でお楽しみ下さい。

 

※リンク

〇Sさんの作品をご紹介した過去記事(『Sさんのカエルの新作絵画』)はこちらから

〇ドリッピングに挑戦された時の過去記事はこちらから

TRACKBACKS : (0)CATEGORY : 作品紹介